月・水・金 午前8:30〜午後10:00
火・木・土 午前8:30〜午後5:00
◎祝日も、年末年始も休まず診療しております。

透析室直通電話番号 0143-82-6611

無料で送迎をおこなっています

透析患者様には無料送迎をおこなっています。2019年10月現在、3割くらいの方が利用されています。
できるだけ患者様の要望に応えたいという院長の思いから、 伊達市からお越しの患者様も、登別東町からお越しの患者様も、午後透析の患者様も、冬だけ送迎をしてほしいという方も、皆さまにご利用いただいております。

透析治療の4時間をより快適に

果物を提供しています(院長からのハッピーサプライズ)

当院では、食事に制限がある患者様に、月に1回透析中にハッピーサプライズとしてスイーツやフルーツを提供しています。

透析前のシャント肢(穿刺部位)の手洗い

当院では感染予防のため、透析室に患者様専用手洗い場を設け、必ず透析前に麻酔テープをはがして穿刺部位の手洗いをしていただいています。

栄養補助食品と軽食を提供しています

毎回の透析中、栄養補助飲料と軽食を提供しています。 しっかり食べて、筋肉低下を防ぎ、しっかり透析をして体調管理をすることが目的です。
とくに、栄養補助飲料は、透析中に失ってしまう栄養を補給することと、透析後半の低血圧予防が目的。
もしも栄養補助飲料が苦手な場合は、アイスもお選びいただけます。

代金は、毎月お支払いしていただく「施設使用料」の1,000円の中に含まれています。
食事も薬のうちの一つです。

透析患者様の検査一覧

院内でおこなう検査は、レントゲン、採血、フットケア、ABI検査、心電図、便中ヘモグロビン検査があります。

院外でおこなう検査は、心エコー検査、胸腹部CT検査、眼底検査、骨塩定量検査があります。

19インチの画面を全ベッドに導入

テレビをご覧になれます。見やすい位置に移動可能。DVDの持ち込みも可能です。イヤホンは1つ215円(税込)で取り扱っています。

快適なチェアベッドと寝心地抜群のベッド

ベッド
チェアベッド

透析中の身体的・心理的負担を少しでも軽減したいと考え、(株)オリバーのチェアベッドを導入しました。ベッドももちろん導入しており、某有名メーカーのマットレスを全台に導入しています。状態に合わせて選択することが可能です。 (株)オリバーのホームページへ

患者様のプライベート空間を確保

透析室のベッド間にカーテンを設置しています。

温度管理への気配り

電気毛布の貸し出しは無料でおこなっています。

フリーWi-fiをご利用いただけます

透析室、透析待合室、談話室でフリーWi-fiをご利用いただけます。
透析中に、ゲームをしたり、動画を視聴したり、仕事をしたり。ぜひご活用ください。

毎日回診をしています

院長が回診をおこない、検査結果が良ければ、スタンプを押しています。

院長のオリジナルスタンプ

装置・機器等のご紹介

電解水透析装置

電解水透析装置

透析には1人1回あたり約120リットルと大量の透析液(水)が必要となります。電解水透析装置とは「水素」を含有する透析液希釈水「水素水」を作成する装置です。水素水は抗酸化能を持ち、健康・美容・ダイエットなどに効果があると注目されています。当クリニックでは、全国でも数少ない電解水透析装置で血液透析治療を行っています。 電解水(水素水)とは?…(株)日本トリム社のホームページへ

透析液供給装置

透析液供給装置

透析液供給装置・A粉末溶解装置・B粉末溶解装置は東レ・メディカル(株)を導入しました。常に安定した透析液を供給できるように臨床工学技士が中心となり、毎日の水質チェック、透析液濃度・浸透圧の管理を行っています。また透析液清浄化は非常に重要であるため、定期的な検査や部品交換も計画的に行っています。 東レ・メディカル(株)のホームページへ

透析用監視装置

透析用監視装置

透析用監視装置は東レ・メディカル(株)を導入しました。自動プライミング・自動脱血・自動返血と業務効率化が推進されており、治療に置いては通常の血液透析(HD)からオンライン血液ろ過(on-line-HDF)・間歇補充型血液透析ろ過(I-HDF)など患者それぞれに合った治療が選択できる装置です。また、東レ・メディカル社独自の「測定血流量・脱血圧連続モニタリングシステム」により透析中の実血流量を連続監視することができますので、脱血不良による透析効率低下やシャント不全の早期発見などができます。 東レ・メディカル(株)のホームページへ

廃水処理システム

透析廃水は薬品洗浄剤が含まれるなど規制値を超えるため、下水道や公共用水域へ放流することはできません。そのため当クリニックでは環境の事も考えた施設をめざし、フジクリーン工業(株)の人工透析廃水処理ユニットを導入しています。フジクリーン工業(株)のホームページへ

管理栄養士による栄養相談を実施しています

透析治療を受けられている患者様とそのご家族様に向けて、栄養相談を実施しています。
無理なく続けられるような工夫を一緒に考えたり、患者様ひとりひとりの暮らし方に合ったアドバイスをします。
もちろんご家族の方だけでも相談できます。
相談の費用は保険診療に含まれますので、自己負担額はかわりません。
相談のお申込みは、透析室0143-82-6611へお電話ください。

旅行透析も歓迎いたします

北海道に旅行や出張でいらした透析患者様の受け入れも実施しています。また、旅行透析にかぎり、日曜日も受け入れいたしますので、お気軽にご相談ください。
道央自動車道「登別室蘭IC」出口から車で5分と交通アクセスも便利です。素朴な疑問でもかまいませんのでぜひお問い合わせください。

在宅血液透析について

当クリニックでは患者様それぞれに合った透析治療を提供したいと考えています。在宅血液透析もその中の1つで、希望される患者様がいれば、積極的に対応していきます。

透析室の見学ができます

当クリニックでの透析をご検討されている方向けに、見学を受け付けています。事前に透析室0143-82-6611へご連絡くださいませ。