「透析液水質確保加算2」の申請が受理されました

2016.07.01

2016年4月から6月までの3か月間で透析液供給装置や透析監視装置などのエンドトキシン(ET)・生菌の検査を行い、清浄化が保たれていることが確認され「透析液水質確保加算2」の申請を行い受理されました。

当院でも通常の血液透析(HD)以外にもオンライン血液透析ろ過(on-line-HDF)・間歇補充型血液透析ろ過(I-HDF)といった治療が可能となり患者さんの選択肢が広がりました。

今後も清浄化が保たれ、安心・安全な治療ができるように臨床工学技士が中心となり定期的な検査や部品交換を行ってまいります。