当院で初めて「先行的腎移植」を希望された患者さんがいました

2016.09.07

この患者さんは、腎機能悪化の為他院でシャント造設手術を予定していましたが、セカンドオピニオンを求め当院を受診されました。検査結果では他院と同様の見解でしたが、一緒に来院していた家族とともに「血液透析」・「腹膜透析」・「(先行的)腎移植」の選択肢があることを丁寧に説明し、本人と家族が先行的腎移植を希望され北海道大学病院を紹介。8月に家族からの生体腎移植が行われました。

「腎疾患に悩み苦しむ患者さんにとって、ベストな治療選択を応援し最高な治療を行い、患者さんのより良い日常生活を送って頂きたい」を当院の目標としています。腎疾患でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

「先行的腎移植」とは・・・血液透析(腹膜透析)を経ないで腎移植を行うこと